みょーーーーのBlogもどき

 
例の「ギターフリークス破壊動画事件」をミニチュアで再現(笑
先日の3連休は、「jubeat ripples」ロケテストやスーパー銭湯巡り、
「日本橋ストリートフェスタ」等、非常に充実した連休でした。
それでも有り余る時間で、調子に乗ってこんな物を作っちゃいましたw

ギターフリークス筐体破壊騒動
http://www.youtube.com/watch?v=evm5p86PIjg
一部の心無いプレイヤーによって、プレイ中に「ギターフリークス」の
コントローラーを叩きつけたり蹴るなどして破壊した、衝撃的な事件。
あれから半年以上になりますが、この事件を扱った当ブログには、
依然として、この顛末の記事を多くの人達が見てくれているようで、
この事件が多方面に影響を与えた事が窺い知れます。
この事件に加担した人物は、勤務先の解雇や店への謝罪など、
一応の反省を見せているようですが…
そこで、3連休でヒマだった筆者はミニチュアを使って、
事件のダイジェスト版を極力再現してみました。
使用したミニチュアは、画面とマーキーを実物と同様に張り替えていますが、
左のドラムとギター筐体の色だけは実物と異なります。

【事件の舞台】
実際と配置が異なります。事件の舞台となった店舗は、全て赤筐体のようです。


【腰の動きがイイ!エロい!】 

「エクセ安定〜w」

【緑茶あるよーーーーーーーーーーーwwwww】

緑茶パックは実際より、大きく製作しています。(^^;ゞ

【あれ〜ギタコンがーーーーギタコンがーーーー】

「ボタン、どっか逝っちゃったよ〜」

【このゲーム、サッカーだったっけーーーーー?wwww】

「ゴミ、ゴミメンテ〜www」
「じぁね〜またね〜、ニコ厨〜www」

以上。詳細は上記の事件の動画をご覧下さい。

…ムシャクシャして作った。反省してない(笑
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 20:09 | comments(0) | - | PAGE TOP
「jubeat ripples」ロケテスト・まとめ
14日の神戸・三宮に続いて、17日から横浜と大阪で行われた
「jubeat ripples」のロケテストも、ついに今日が最終日。

筆者は金曜日から、阿倍野パスカに通い詰めていました。
この3日間、普段の3倍くらいプレイしましたよ。
また、何時プレイ出来るか分からないしね…
特に今日は、やり収めのつもりで徹底的にプレイしました。
で、今回のロケテストの個人的まとめですが…

【パネルの反応】
スイッチが改良されたのか、若しくは気のせいなのか、
従来型よりパネルの反応が良くなったような…
縦・横一列とか、指を滑らせて押させるような譜面で、
マーカーが拾い易くなったような気がします。
ただ、パネル押してないのに反応してコンボが途切れる事故は、
従来型より多いかな?
旧曲もプレイしてみて余計にそう感じました。

【マーカーの見易さ】
店内備え付けのロケテノートや、各掲示板やブログを拝見すると、
背景色と演出の変更に伴って、従来のマーカーが見辛くなったと言う
意見が圧倒的に見られました。
特に花マーカーとの相性が悪いようです。
しかし、先日も書きましたが、元々花マーカー使用者である筆者は、
ほとんど違和感無く使い続けていました。
寧ろ、以前より見易く感じましたが、やっぱり個人差なんでしょうか?

【プレイ中の演出】
従来型は、四角い黒いシャッターが閉じた状態になって、
プレイの進み具合に従って、開閉していく演出でした。
順調に進めると背景が、ダークブルーから色が薄くなり、
金色に輝くようになっていました。
一方、ロケテスト版では、たくさんの黒い輪っかが中央に集まっている状態で、
プレイの進み具合に従って、広がったり縮んだりしていく演出でした。
順調に進めると背景が、ブルーからライトグリーンに変化します。
このライトグリーンの背景が、非常に見辛いと言う意見が多数。
マーカーの件と同じく、筆者は気にならなかったんですが、
演出としては、ちょっと寂しく感じました。金色でも良かったのでは?

【新マーカー】
今回のロケテスト版には、シャッター型の新しいマーカーが追加されましたが、
これも評判がイマイチなようです。筆者は一度しか使った事が無いですが…

【収録曲】
三宮で初めて収録曲を見た時、あまり好きではないラップ系の曲が多く、
「微妙な選曲だなぁ…」と思いましたが、パスカでやりこみ始めると、
それが間違いだと気付きました。特にEXTREME譜面が出来るようになると、
譜面と曲のシンクロ具合が絶妙で、さらに病み付きになりました!!
「バカサバイバー」の赤譜面とか、スタッフの遊び心が伺えます。
今回追加のオリジナル曲「Russian Snowy Dance」「AREA 51」は、
超良曲&超良譜面でした。
新曲は一通りプレイしてみましたが、「Russian Snowy Dance」の
EXTREME譜面、最終日までのクリアは無理でした…残念。

【その他】
コインを入れてスタートすると、上のサブモニターに
インフォメーションが表示されます。
曜日ごとに内容が変わるようになっていて、
筆者は3種類しか確認できませんでしたが、うろ覚えの内容は…
・金曜日…ネット対戦関連(個人で大会が開ける?)
・土曜日…新マーカーの案内
・日曜日…収録曲の並び替え方法の案内

この機能はイベント告知や隠し要素の公開とか、色々使えそうですね。
本稼動にも搭載されるかな?

【個人的意見&まとめ】
従来型の、ダークブルーがベースのサイバーで暗いイメージから一転して、
ホワイトとライトグリーンをベースに、明るいイメージになりました。
個人的には、今回の新デザインは好きです。
タイトル表示の曲も、何気に良曲ですよね。
しかし背景の変更が、大半のプレイヤーに影響を与えているのは否めませんが…

今回のロケテストで、どうしても修正して欲しい部分は特に無いんですが、
せっかく、同時に横浜でもロケテストやってるんだから、
マッチング出来るようにしたら良かったのに…
レベルアップ時に追加出来る曲も、獲得レベルを下げて欲しいです。
筆者は未だに「IN THE NAME OF LOVE」「GIGA BREAK」を手に入れていません。
今回のロケテストで初めてプレイしました。
新マーカーも、もう少し改良の余地があるかも。
メインモニターだけではなく、サブモニターにもプレイ中に、
派手な演出が欲しいところです。

今年夏頃に本稼動という噂ですが、ひょっとすると5月終わり頃に
次のロケテスト実施があるかな?
さらに新曲追加も期待したい所です。
アニメソングは正直、この年でプレイするのは恥ずかしいので、
(キューティーハニーですら、プレイした回数は全譜面合わせて6回だけ。)
アッパーレイブ系の曲も希望したいなぁ。本稼動が待ち遠しいです。

でも、譜面が全面変更になっちゃったら、オレ涙目w
。・゚・(ノ∀`)・゚・。
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 17:16 | - | - | PAGE TOP
禁断のネタ「海賊版DDR」のミニチュアを追加しました!!
今年7月のミニチュア製作10周年を目前に、ついに禁断のネタが登場…
ゲームに限らず、大ヒット商品の影に必ずと言って良いほど存在する、
俗に海賊版と言われるコピー商品。
この話題に関しては、かなり以前から訴訟合戦に発展するなど、
コナミも色々難しい問題を抱えていますが、
プレイヤーの我々は、黙って成り行きを静観するしかないですね…

「DDR-belgium」

ベルギー在住のDDRファン達が製作した(と、思われる)改造筐体。
色々ネタ探しをした中で、筆者が一番感動した筐体です。
彼らの熱意が伝わってくるような、気合の入った造りになっています。
彼らの活動については、「DDR-belgium」で検索してみてください。
※注意!
上記のサイト内はセキュリティー的な問題はありませんが、
やや不適切な画像が散見されました。見る場合は自己責任でお願いします。

「DanceDanceRevolution 3rdMIX(bootleg)」

タイトル通りなようですが、コナミロゴも無く、内容も不明。
名前だけ拝借した別物かな?

「DanceDanceRevolution MegaMix(bootleg?)」

アメリカのディズニーランド内のゲームコーナーに置いてあるらしいです。
英語版ウィキペディアの記事を見ると、海賊版扱いされていますが、
何故か、マーキーにコナミロゴが…

「DanceDanceKing!!」

中国製と思しき怪しい筐体。
実物の写真を見た瞬間、思わず噴出しそうになりました。
個人的には、一番笑える筐体です。

「in the groove2」

「STEPMANIA」と言う、有名なフリーソフトのダンスゲームを元に、
アメリカの「ロクソーゲームズ」という会社が"開発"したダンスゲーム。
以前、海外専用のDDR筐体を紹介したときに、この筐体も
既に紹介していましたが、マーキーを作り変えて再登場。

以上、詳しい紹介記事は「ビートマニアシリーズ」リアルミニチュア展示場
どうぞ!!

あくまで、シャレで作った物なので怒らないでね
(´・ω・`)
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 12:01 | comments(0) | - | PAGE TOP
「jubeat ripples」のロケテストへ行ってきました!!

(神戸・南京町の東門)
先日、製作発表があったばかりの「jubeat」最新作。
名前も「jubeat ripples」(ユビート リプルス)と決まりました。
そして、今月14・15日に、神戸三宮のラウンド1でロケテストが
行われると言う事で、早速三宮へ行って参りました!
自宅に近い「阿倍野パスカ」でもロケテストが有る事も知ってましたが、
やっぱり「初物」には目が無いもんで…(^^;ゞ


(現地で貰ったパンフレット)
我々は10時過ぎに現地入りしたんですが、既に10人程の行列が。
一昨年、阿倍野パスカで行われた初ロケテストの時は、
プレイしている人は殆ど居ない状態でしたけどねぇ。
正式デビューから半年以上になるけど、「jubeat」の知名度も
それなりに上がったと言う事でしょうか。
筐体は3台設置されていて、向かって左と中央が「jubeat ripples」で、
右が通常版の筐体です。ちなみに「ripples」は3曲設定で200円。


今回配布されたパンフレット、中に特製ステッカーが入っていたり、
結構気合の入った造りになっていますよ。
で、内容の変更点ですが、前回のサイバーなデザインから一転して、
サブモニターの背景が、ホワイトを基調にした明るいデザインに変更。
前作ではゲームを進めると、プレイの進行度によって背景の
黒いシャッターが徐々に開閉していく演出がありましたが、
今回のテーマが「ripples」(波紋)と言うことからか、沢山の黒い輪っかが
中央に集まっている状態で、プレイの進行度によって、
徐々に広がったり萎んだりする演出になっていました。
新しく追加されたマーカーも、波紋をテーマにしたデザイン。
(不慣れなマーカーを迂闊に使うとゲームオーバーが怖いので、
今回は使わなかったけど…)
プレイ画面は、画質がクッキリして見易く感じましたが、
解像度の変更があったんでしょうか?
曲選択方式に、ソート機能・絞込み機能が搭載されました。
前作の曲や「ripples」追加曲、難易度順等で優先表示させることが出来ます。
前作曲は一通り残っていたようですが、「Kiss Kiss」が見当たらなかったような?
後ろの行列が気になって、ゆっくり曲を選べなかったので断定は出来ませんが、
この曲、好きな曲だったので今回から削除されたとしたら、ちょっと残念だなぁ。
そして肝心の「ripples」追加曲は…
「にんげんっていいな」(ガガガSP)
「Musical messenger」(九州男)
「今」(ET-KING)
「ロボットハニー」(Aira Mitsuki)
…等の版権曲がありました。
個人的には「情熱大陸」が、意外にノリ易くて面白い曲でした。
今回の新曲「Russian Snowy Dance」は特に好評なようで、
大抵のプレイしている人が3曲目で選択していました。
筆者も3曲目でEXTREME(レベル10)にして、この曲にチャレンジしましたが
見事に撃沈。
しかも、最後のフェイントに引っ掛かってしまいました…orz
休日と重なってるためか行列が凄くて、もう1回プレイしようにも、
また一時間くらい待たなければならないような状態なので、
隣の「jubeat(通常版)」で遊んでから、昼食食べに南京町へ移動しました。

一緒に行った姪の感想…
画面が綺麗。ボタンが何となく押し易く感じた。
でも設置場所が非常に悪く、天井の照明が画面に映ってプレイし難かった…

天井の照明は、確かに目障りに感じました。
普段は「タイトーステーション難波」とか「ラウンド1堺駅前店」とか、
店内が薄暗い店舗でプレイしているので、モニターに蛍光灯の白い筋が
チラチラと視界に入ってくると、かなりヤル気が削がれます。
「UBeat」(北米版)の専用曲も、今回で追加されるかなぁと期待していたんですが、
全く姿が見当たりませんでした。「take on me」やりたいなぁ…

来週17日から22日まで、「ラウンド1横浜駅西口店」と、
大阪・阿倍野の「エンターテインメントスクエアパスカ」にて、
再度ロケテストが行われます。
「阿倍野パスカ」は自宅から近いので、来週はゆっくりと追加曲を
一通りプレイ出来そうです。
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 18:44 | comments(0) | - | PAGE TOP
「jubeat」のサウンドトラックが届きました!!

待ちに待ってた「jubeat」のサウンドトラック!!
早速、聞いてみましたよ。
トラック1から16まで、「jubeat」オリジナル曲。
トラック17が「Snow Goose」のロングバージョン。
トラック18から28までが、チュートリアル画面等、
ゲームプレイ中以外で流れる曲。
J-POP等の版権曲は収録されていません。

去年の夏から散々プレイしている曲も、家で改めて聞くと
ずいぶん違って聞こえるもんですねぇ。
「Snow Goose(LONG)」も、元曲(トラック1)が速度の速い曲ですが、
スローテンポになっていて、かなり印象が変わってます。
「In Scottish Highlands」は、ゲームより僅かに速度が速いような?
トラック18から収録されている「Production BGM」は、ゲーム中に
あまり意識して聞いたことが無いので、結構新鮮でした。

でも、どうせなら2枚組みにして、全曲のロングバージョンも
収録して欲しかったなぁ…
多少高くなっても、絶対買うのに。
まぁ、「jubeat2」(仮)の開発も決定したので、次回も期待せねば!!
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 22:18 | comments(0) | - | PAGE TOP
「jubeat」のフォントっぽい物を作ってみました。
「jubeat」のプレイヤーネームやクラスの表示等に使用される、
サイバーなデザインのフォント。結構、カッコいいデザインですよねぇ。

今日は、昼過ぎに難波へ出掛ける時間潰しがてらに
午前中に、ちょっと描いてみましたよ。

「jubeat」のメインサイトとか、パンフレットの写真を見ながらだったので、
似てるかどうか微妙ですが…
特にG・Q・V・X・Zの形は、かなり怪しいなぁ。
早速「ビートマニアミニチュア展示場」のアクセスカウンターに使ってみました。
このフォントは一応、自由に使用していただいても構いませんが、
あくまでも『jubeatっぽいフォント』なので、
使用される場合は、自己責任でお願いします。
もし、『ウチのサイトに使ってみたよー』とか『書き直してみたよー』とか
人が居ましたら、ぜひ当ブログへお知らせください。

このフォントを使った、おまけ。(^^;ゞ
プレイ前の「Welcome to jubeat!!」の下に表示されるっぽい画面。

去年の2月のロケテストで初めてカードを作ったんですが、
その時、このフォントの形に惑わされて、
「MIYOOO」とする所を、「WIYOOO」にしてしまいました。
初めての事で手間取り、さらに後ろに人が並んでいて焦って入力間違い…
でも、結構気に入ってたりしてます。
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 19:08 | comments(0) | - | PAGE TOP
奇跡の復活!!「キーボードマニア3rdMIX」!!
今日は昼頃から用事があって、梅田に来ていました。
近くだったので、「jubeat」でも置いてないかなぁと思い、
「アミュージアム茶屋町店」に立ち寄ってみたら、店内に驚くべきものが!!

これは紛れもなく「キーボードマニア3rdMIX」!!
大阪市内から筐体が消えて、もう何年経つやら…
筆者が知っている現役の「3rdMIX」筐体は、東大阪市にある
有名なレトロゲームセンター「あうとばぁん」、
それと、堺市内の某アミューズメント施設しか把握していません。
ちなみに古いバージョンの筐体は、3年前までエキスポランドに「1stMIX」、
大阪・弁天町のゲームセンターに「2ndMIX」が、割と最近まで稼動していました。

今回再会した筐体は、音響・操作系も申し分の無い状態でした。
ただ、左側モニターの下辺りが、少しぼやけたような感じになっていました。
ゲームの進行には全く支障無かったんですが、8年近く経つ筐体なだけに、
ちょっと先行きが心配ですね…

「DDR」も奇跡の復活を遂げたんだし、これをきっかけに改めて
多くの人がこのゲームを注目してくれたら、
ひょっとして、奇跡の復活もある!!…かな?
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 20:26 | comments(0) | - | PAGE TOP
「ダンスダンスレボリューションX」を初プレイしました!!

「ダンスダンスレボリューション」10周年記念として、
最新機種「ダンスダンスレボリューションX」が、今月24日から
全国で稼動が開始されました!

今日は、お試しプレイ的な感じで、1ゲームだけプレイしました。
業務用で真面目に踊るのは「3rdMIX PLUS」以来なので、
ちょっと緊張しましたが、ステージを進めていくと
何時の間にか、恥ずかしさも吹っ飛んでいました。
初プレイ前に自分の体重を入力して、消費カロリーを記録出来る
「ワークアウト機能」もあって、メタボ体型の筆者には
有り難い機能ですねw

筐体の写真は、人がたくさん居たので、撮影はちょっと遠慮して、
ミニチュアとリーフレットでご勘弁を。
量産型筐体を改めて観察すると、ロケテストで見掛けた筐体の
モニター下に付いていた、黒くて丸い物体が無くなっていました。
結局あれ、何だったんだろう…?
ミニチュアにも、何か判らないまま取り付けてそのままに…
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 19:47 | comments(0) | - | PAGE TOP
「ダンスダンスレボリューションX」のミニチュア完成体を公開!!
1998年9月に誕生して、今年で10周年を迎えた、
「ダンスダンスレボリューション」。
そして、10年間の集大成とも言えるシリーズ最新作
「ダンスダンスレボリューションX」が、12月24日にデビューする事が
決まりました!!
「ダンスダンスレボリューションX スペシャルサイト」
http://www.konami.jp/bemani/ddr/jp/am/ddrx/

無事にデビュー日も決まった事で、今日は一足早くミニチュアの完成体を公開!!
ミニチュア展示サイトへの公開は、ちょっと先になります。

黒を基調とした巨大な筐体にワイドモニター、筐体両脇の
イルミネーションユニットなど、見た目のインパクトは
「ビートマニアII DX」に匹敵するかも…?

そういえば筆者は「3rdMIX PLUS」以来、業務用「DDR」は
ほとんどプレイした事無いなぁ。家庭用は、たまに遊んでますけどね。
良い機会だから、久々に踊ってみようかな?
このゲームの得意な、姪のサポート付きで(^^;ゞ
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 19:10 | comments(0) | - | PAGE TOP
「jubeat」プレイヤー達へ、2つのクリスマスプレゼント?

コナミの音楽ゲーム「ビートマニアシリーズ」の最新機種「jubeat」。
去年の今頃に行われた最初のロケテストから数えて、約一年。
そして、やっと今年の夏に登場して約4ヶ月経とうとしているこの時期に、
コナミの「jubeat」製作スタッフの方から、嬉しいお知らせが。

「jubeatオンラインアップデートで楽曲追加」
http://mp.i-revo.jp/user.php/jb-staff/entry/818.html
12月中旬頃に、新たに4曲が追加されるようです。
「SigSig / kors k」
「凛として咲く花の如く / 紅色リトマス」
「TRUE♥LOVE / jun feat. Schanita」
「Slang / Kozo Nakamura」
どれも既存の「ビートマニアシリーズ」からの曲です。
さらに、秘密の追加曲も…

「jubeatサウンドトラック、製作決定!」
http://mp.i-revo.jp/user.php/jb-staff/entry/824.html
待ちに待ったサントラ発売決定!!
そもそもこのゲームは、これまでの他シリーズとは違って、
今まで「音ゲー」に及び腰だった人がターゲットなためか、
知名度の高いJ-POP曲が多数収録されています。
そのため、権利関係等でサントラ化が厳しいかと思われていましたが…
スタッフさん達、やってくれましたよ!!

サントラは、流石に今年中の発売には間に合いそうに無いだろうけど、
今回の2つのニュースは、我々ファンにとっては、
最高のクリスマスプレゼントになりそうです。
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 18:48 | comments(0) | - | PAGE TOP
「ダンスダンスレボリューション-X-」のミニチュア(仮)を特別公開!!
コナミの大人気ダンスシミュレーションゲーム「ダンスダンスレボリューション」。
いよいよ、12月にシリーズ最新機種「DDR-X-」のデビューが決まりました。
勿論、すでにミニチュアも完成済み。後は実機のデビューを待つばかり。
今日は、ちょっと気が早いですが、作品のバランス確認のために、
仮組み状態で撮影した「DDR-X-」ミニチュアを特別公開。


フットパネルは9月に製作済みでしたが、本体の完成は10月中頃。
この仮組み状態の姿も、その頃に撮影したものです。

今の所、コナミの専用サイトでも実機の姿は謎に満ちていますが、
実は、某ゲーム雑誌にも堂々と掲載されていて、
ネットで検索すれば、その姿を見ることが出来ます。
(かなり不鮮明ですが…)
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 19:07 | comments(0) | - | PAGE TOP
「ダンスダンスレボリューション(国内版)」全種類のミニチュアが揃いました!!
ちょうど今から一ヶ月前。
コナミのダンスゲーム「ダンスダンスレボリューション」の
デビュー10周年記念企画として、「海外専用のDDRシリーズ」の
ミニチュア化からスタート、続いて第2弾「ダンシングステージシリーズ」、
そして今回、「ダンスダンスレボリューション(国内版)」の
ミニチュア化を達成しました!!

詳しくは「ビートマニアシリーズ」リアルミニチュアへどうぞ。
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 21:58 | comments(0) | - | PAGE TOP
意外にマイナー!?「DDR」の番外編「ダンシングステージ」をミニチュア化!!
コナミが放つ、大人気ダンスゲーム「ダンスダンスレボリューション」。
このゲーム機も、今年で10周年ということで先日、
海外専用の『ダンスダンスレボリューション』シリーズの
ミニチュアをご紹介しました。

今回は「DDR」シリーズの中でも、ちょっと異色な存在の
「ダンシングステージ」をご紹介。
先日の記事にあるように、ヨーロッパ地域では全く同じ名前の
『DancingStage』が存在しますが、こちらは日本の「DDR」と同様に
「ダンスマニア(旧・東芝EMI)」等から曲が収録されています。
主にクラブミュージックが中心。
今年の年末に最新機種「ダンスダンスレボリューションX」が
業務用にデビューする際に、全世界的に名称が
「ダンスダンスレボリューション」に統一される予定です。

一方、日本国内用の「ダンシングステージ」は、当時注目されていた
国内の有名J-POPアーティストとのコラボレーションによる作品。
使用する筐体も同じで、4枚の矢印パネルを踏むというルールは
全く同じですが、画面の質感・矢印の形等、細かい部分が異なります。
本人歌唱による、カラオケでお馴染みの曲もあり、難易度も低め。
従って、この2種類のゲーム機は「似て非なるもの」と言う事になります。

「ダンシングステージ-featuring. TRUE KiSS DESTiNATiON-」

第一弾は、小室哲哉・吉田麻美による「TRUE KiSS DESTiNATiON」。
1999年7月登場。

「ダンシングステージ-featuring. DREAMS COME TRUE-」

1999年12月登場した、シリーズ第二弾。
人気の高いJ-POPグループ「ドリーム・カム・トゥルー」との
コラボレーション。
ちなみに、同タイトルで「ビートマニア(通称・5鍵版)」も存在。

「ダンシングステージ-featuring. Disney's RAVE-」

2000年11月登場。現在の所、シリーズ最終作。
ディズニーアニメ作品に使用される有名楽曲を、エイベックスが
クラブミュージックにリミックスした曲を収録。
女性や子供をターゲットにしているためか、
難易度が比較的低めに設定されている。
(この筐体写真だけ、一部に修正を加えています。)

さらに詳しい内容についてはこちらへどうぞ〜
「ビートマニアシリーズリアルミニチュア」
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 20:43 | comments(0) | - | PAGE TOP
海外専用の『ダンスダンスレボリューション』もミニチュアにしてみました!
先月、9年前に製作した『ダンスダンスレボリューション』のミニチュアを
大幅に修正・追加した作品達を紹介しました。
このゲーム機も、今年でデビュー10周年と言うこともあり、
当サイトも記念企画として、『ダンスダンスレボリューション』
業務用筐体の全てのバージョンのミニチュア化を目指す事にしました。
と言っても、既出作品の看板と画面写真を交換したりするだけですが…
今回は日本国内では、お目に掛かれない海外専用の業務用筐体から。

『DancingStage』

1999年登場。
日本版「ダンスダンスレボリューション」の欧州向け筐体。
販売戦略の関係からなのか、この地域のみ名称が変更されている。
後に別系統のダンスゲーム「ダンシングステージ」として、
名称のみ日本に逆輸入されている。

『Dance Dance Revolution USA』

2001年登場。
収録曲は「3rdMIX」(家庭用日本版)をベースに、
北米向けの選曲になっている。全27曲収録。

『DancingStage EuroMIX』

1999年登場。
前作『Dancing Stage』のアップバージョン。
家庭用日本版「3rdMIX」がベース。収録曲は28曲。
日本で「ダンスマニア」で有名な「EMIグループ」の曲だけではなく、
大手レコード会社「ユニバーサルミュージック」とも提携。

『DancingStage EuroMIX2』

2002年登場。
前作「Dancing Stage EuroMIX」の続編。ベースは日本版の「DDR-MAX2」。
収録曲は前作からの継承曲12曲を含めて68曲。
筐体の側板色がフラットシルバー調に変更されている。
(このミニチュアは新規製作したものです。)

『DancingStage Fusion』

2005年登場。
元々は、欧州版「プレイステーション」及び「プレイステーション2」用として
2004年にリリースしたが、翌年、アーケード用にアレンジ移植されたもの。
現地のアーケード向けとしては「EuroMIX2」以来、約3年振りの復活となった。
モニター横に貼られたステッカーが特徴。
(このミニチュアは新規製作したものです。)

『DancingStage SuperNova』

2006年登場。
国際的に展開するに当たって、マーキー・画面デザイン等は、
日本・北米向けの「ダンスダンスレボリューションSuperNova」と
統一されている。

他にも韓国専用「3rdMIX」があるらしいんですが、詳細が不明で
日本版とデザイン的に大きく変わらないようなので保留してます。
作品に関する詳しい内容は展示サイトへどうぞ。
果たして、年末の「DDR-X」デビューまで全種類揃うのか…
ちなみに情報収集中に、こんなものも発見したので追加しときました。
コナミに怒られるのもイヤなので、展示サイトには掲載しません(^^;ゞ

おまけ
『in the groove2』

アメリカの「ロクソーゲームズ」という会社が"開発"したダンスゲーム。
一応、専用筐体が存在するが、看板やモニターパネル・フットパネルを
「DDR」筐体と交換出来るバージョンもある。
コナミと訴訟沙汰に発展した。

情報によると、矢印が回転したり別のところへ移動したり、
4つ同時押し(両手足を使う)があったりするそうです。
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 19:24 | comments(0) | - | PAGE TOP
順位なんて関係ない。楽しければ…(´・ω・`)
この間、海水浴に行って来た事を書いたと思ってたら、もう10月。
今年の秋は去年に比べると、本当に秋らしい心地良い気候になりましたね。

さて、筆者オススメの音楽ゲーム「jubeat」が、デビューして約二ヶ月。
なんと、もうすでに3種類の難易度の曲(51曲×3=153曲)の
『エクセレント』(ノーミス・パーフェクト判定でクリア)制覇達成者が
現れました。

やっぱり、日頃のプレイの成果なんでしょうかねぇ。
筆者といえば、去年のロケテストから付き合いなのにこの体たらく…
未だに『エクセレント』を1曲も取った事無し。
とことんやり込んでみようと思ってみたものの、近所に置いてないから
大阪・ミナミや堺駅のラウンドワンへ、週末だけしかプレイする事が
出来ないし…
店によっては『4曲50円』の設定の店があるらしいし、羨ましいですよ。
ここまで順位を離されたら、もう太刀打ち出来ないかな?
残り2曲の隠し曲もまだゲットしてないけど。

A2の壁は想像以上に厚いなぁ…(´・ω・`)
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 19:05 | comments(0) | - | PAGE TOP
「ダンスダンスレボリューション」のミニチュアを、ちょっとグレードアップしてみました。
「ダンスダンスレボリューション」…
一躍、社会現象にもなったダンスシミュレーションゲームです。
今年2008年は、初代筐体が誕生して10周年になります。
日本では一時期停滞気味でしたが、若い人の肥満が社会問題に
なっている欧米でブームになっているお陰で盛り返し、
今年末には最新作「ダンスダンスレボリューションX」が
新規筐体でデビューが決まりました。
その記念というワケでも有りませんが、1999年夏頃から製作している
「DDR」系のミニチュアを大幅に修正・新規製作しました。

「ダンスダンスレボリューション」

コナミの音楽ゲーム「ビートマニア」の派生系として1998年に登場。
上下左右、片側4枚の矢印パネルを画面の指示と曲に合わせて踏む。
東芝EMIと提携し、ダンスコンピレーションアルバム「ダンスマニア」から
収録曲が選ばれている。
以降、改良されながら現在までシリーズは続いている。
(このミニチュアは新規製作した物です。)

「ダンスダンスレボリューションsolo-BESS MIX-」

1999年登場。
大好評の「DDR」を小規模店舗でも設置出来るように、筐体の形状、
フットパネルも斜め上2枚が追加され6枚になる等、大幅に改良されている。
筐体4台を接続した通信プレイが可能。
しかし、通常型と異なる独特のシステムは不評を買ってしまった。
(このミニチュアは、以前製作した物を修正しました)

「ダンスダンスレボリューションsolo2000」

前回「BESSMIX」が不評だった事から、3ヶ月経たない内に
このバージョンに改良された。ゲームシステムも若干、
初心者向けに改善され、不評の原因の1つだったフットパネルの形状が
通常型を半分に切ったようなデザインになった。
(このミニチュアは新規製作した物です。)

「ダンスダンスレボリューション4thMIX」

通常筐体とsolo筐体による、シリーズ初のダブルタイトル。
ゲームシステムは「DDR 3rdMIX」と「SOLO」の長所を取り入れつつ、
大幅に改良されている。
(このミニチュアは、上で紹介した作品の画面・看板などを
張り替えただけです。)
以上の作品の詳しい解説は、こちらへどうぞ〜
「ビートマニアシリーズリアルミニチュア」

そして現在、アメリカでロケテスト中で、今年末に家庭用移植作と
ほぼ同時デビューが決まった「ダンスダンスレボリューションX」。

「jubeat」のミニチュアの製作を終えて、やれやれ全部揃ったと思いきや、
まさか新筐体でシリーズが続くとは思いませんでした。
大阪でのロケテストにも出掛けたんですが、ちょっと情報不足で
今の所、フットパネルだけです。
先日読んだ、ゲーム情報誌「アルカディア」の記事でも不明な所が有って、
現在は続報待ちの状態です。
未完成の作品は、この1つだけとなりました。
年末までに何とか全種類揃えられるようにしたいなぁ…

(終わった途端に、今度はポップンの新筐体が出たりして…(^^;ゞ
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 10:19 | comments(0) | - | PAGE TOP
jubeat(ユビート)デビューして、一ヶ月。
コナミが送る音楽ゲーム、「BEMANI」シリーズ最新機種「jubeat(ユビート)」。

長いロケテストを終えて、7月24日にデビューして約一ヶ月経ちました。
「2ちゃんねる」の「音ゲー板」では、デビュー前から不安視されていたものの、
フタを開けてみれば、他の音ゲーから乗り換えた人も居れば、
初めてプレイしてハマッた人も居たりして、意外に好評なようです。

大好きな「キーボードマニア」が殆どの店から撤去されて以来、
このゲームが現れたお陰で、久々にゲーセン通いが始まりました。
今までのゲームと違って、このゲームのやり込み度を高くしているのは、
ゲームを進めてポイントを溜めるとレベルが上がり、
ゲーム中に使用するマーカーや隠し曲が手に入ったり、
さらにゲームの結果が携帯サイトで確認出来、自分のブログにも
専用のブログパーツを貼ることが出来ます。

で、筆者も約一ヶ月、仕事帰りや他の用事ついでに立ち寄ったりと、
すっかり「キーボードマニア」以上にハマり込んでいますが、
右のブログパーツを見ての通り、筆者は全然先に進んでいません…
実は日曜日の午後、ミニチュア製作中に指を切ってしまいました。
仕事に支障は無かったものの、「jubeat」で遊んでいる途中で
傷口が開いたら迷惑が掛かると思い、暫く控えていたんですが、
僅か5日空いただけで、もうこんな順位に転落…

一時期は50位台までになってたのに、みんな上達早いねぇ…
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 20:39 | comments(0) | - | PAGE TOP
jubeat(ユビート)のブログパーツを追加しました!!
当ブログのトップページの右端にご注目。
これは先月デビューしたばかりの、コナミの業務用音楽ゲーム機、
「jubeat(ユビート)」でのプレイ内容を、リアルタイムに自分のブログに
反映させる専用パーツです。

大きく表示されているのが、現在の筆者の位置するクラスと
全国平均ポイントでの順位、その日にプレイした場所。
一番下のボタンをクリックすると、これまでのプレイ回数・曲数や
曲別・レベル別での結果が表示されるので、
色々クリックしてみてください。

名前は『WIYOOO』で登録していますので、オンライン対戦で当たったら、
お手柔らかにお願いしま〜す。

ちなみにこの名前、ホントは『MIYOOO』とするつもりが、
ちょっとテンパってて、間違えて入力してしまいました…
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 09:44 | comments(0) | - | PAGE TOP
最新『BEMANI』機種、jubeat(ユビート)を早速プレイしてみました!!
去年の12月にロケテストを始めて約8ヶ月…
漸く、正式デビューが決まった最新『BEMANI』機種、jubeat(ユビート)。
今月24日から全国のゲームセンターで稼動開始した同機ですが、
こちら大阪では、難波のアミュージアムよしもとへ入荷するということで、
早速、行って来ましたよ。

2曲100円でした。
ロケテスト版よりも収録曲が格段に増えています。
『天国と地獄』と『Jumping Boogie』(オリジナル曲)、『Scatman』は
良い感じにアドレナリン出まくりで、かなりハマりました。
マーカーを消すタイミングが、判り辛いのは相変わらずでしたが…
とりあえず、ガンサイトのような形のマーカー使ってみたんですが、
これもタイミング合わせにくかったなぁ。

プレイ画面が他人から見えにくくなっているというのは、
賛否両論あるようですが、「ポップンミュージック」や
「ギターフリークス」とか、従来の機種はミスをすると
後ろに並んでいる人にまで見られて、恥ずかしい思いをさせられるだけに、
これだけでも「音ゲー」を敬遠していた初心者に対して、
ゲームへの敷居を低くすることが出来たと思います。

百聞は一見にしかず。
ゲームセンターで見かけたら、恥ずかしがらずに
ぜひ一度叩いてみてください。
のめり込むと、両手の動きが止まらなくなりますよ(w
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 19:01 | comments(0) | - | PAGE TOP
「ビートマニア」シリーズ最新機種、「jubeat」(ユビート)のデビューが決まりました!!
2度に渡ってロケテストの模様を紹介した、「ビートマニア」シリーズの
最新機種「jubeat」(ユビート)のデビューが正式に決まりました!!

7月末頃には、全国のゲームセンターで見かけられると思います。

初のロケテストが去年の12月で、あれからずいぶん待たされたから、
もしかしてこのままお蔵入り?とか、縁起でもない事も想像していましたが、
何はともあれ、無事にデビュー出来て良かったですなぁ。
今から楽しみです。
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 19:06 | comments(0) | - | PAGE TOP
「ポップンミュージックイラストブック」買っちゃいました。
「ポップンミュージック」といえば、「BEMANI」シリーズの中でも、
特に若い女の子に人気が高いゲームとしてお馴染みです。
曲も然ることながら、非常に多くのキャラクター達がゲームに登場します。

現在製作中の「ビートマニアシリーズリアルミニチュア」も、
残す所、「ポップンミュージック」色違い筐体(8台分)だけ。
水色の筐体(ポップンミュージック9)だけは、「ee'MALL」の
ミニチュア展示の関係で、先行製作しましたが…

元々、ほとんどプレイしたことの無いゲームだったので、
(初代がデビューしたての頃と、「アニメロ」版を家族で数回遊んだだけ。)
残りの筐体のデザインが判然としないので悩んでいたところ、
コナミから「ポップンミュージックイラストブック」が
発売されていることを知り、興味が無いのに早速3冊共注文。

先日、届きました。早速、読んでみましたが
キャラクターの数がハンパじゃない…ポ○モン並ですなw
これで手描きでは難しい、フロントドア部分のイラストも何とかなるなぁ…
と、思ったら、ポップン1〜5までのフロントドアしか載ってない…orz
しかし、膨大な情報量と全ページフルカラーでこの価格は、
かなりのお買い得感がありました。
特に開発中の筐体のイメージイラストは、これまた製作意欲を
かきたてられてしまいました。

このゲームには興味が無いと書いてしまいましたが、
以前購入した、「ビートマニア10周年記念サウンドトラック」の、
「ポップンミュージックシリーズ」(DISK3)を最近になって聞いてみると、
結構、良い曲があったりするんですよ。
「ビートマニアII DX」の曲も、最近はちょっと食傷気味だったので、
これを期にサントラだけでも購入しようかな?
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 19:33 | comments(0) | - | PAGE TOP
「ドラムマニア」始めました(^^;ゞ
ビートマニアシリーズの1つ「ドラムマニア」

(実物の画像は無いので、ミニチュアで代用)

御覧の通り、ドラムセットをシミュレートした、リアルな音楽ゲームです。
「キーボードマニア」目当てで、東大阪市の有名なゲームセンター
「あうとばぁん」へ、月に数回出掛けるんですが、
最近、お客さんの居ない時を見計らって、他の音ゲーにも
こっそりチャレンジしています。
特に「ギターフリークス」「ドラムマニア」は、1stバージョン(1999年)が
出てから、難易度の高さに恐れをなし、全く触れたことがありません。

で、今回は本当に久々に「ドラムマニア」をプレイしてみましたよ。
開始していきなり、モードセレクトに戸惑いながら、
1曲目でゲームオーバーはホントに恥ずかしいので、
無難に「ビギナー(初心者)モード」をプレイ。
色々な収録曲が有りますが、筆者は最近のJ-POPの知識に疎く、
どの曲をプレイしようか迷っていると、「jubeat」のロケテストで
演奏したことのある曲が幾つか有ったので、適当にチョイス。
最初に演奏した曲は「天体観測」だったかな?(残りの演奏曲はド忘れ…)
とりあえず、ほとんどミスも無くオールクリア出来ました…

2回目は「スタンダードモード」で、ホンのちょっとだけレベルアップ(w。
こちらも、収録曲と難易度の関係が判り辛かったので、
無難にさっきと同じ曲をプレイ。
ふと、モニターを見ると反射して映る人影…
何時の間にか、後ろに順番待ちしているお客さんが!!
思わず緊張してスティックを握る手に力が入ってしまいましたが、
なんとか、ミスも少なくオールクリア。

いや〜、緊張したけど、なかなか面白かったです。
思ってたよりも、ミスも無くスムーズに演奏出来ました。
でも、なんか他の人のようにカッコ良く叩けないんですよねぇ。
流れてくる譜面が少ないせいか、どうしてもマーチングバンドのドラムを
叩いてるように、トコトコトコトコ叩いてるだけに見えてしまう…
ちょっと本腰入れて、高レベル目指して頑張ってみます。
余裕が出てくれば「ギターフリークス」にもチャレンジしてみます。

てか、その前に専門用語覚えなければ…
(「赤ネーム」とか「ジェットスティック」とか、全然意味が分からない…orz)
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 22:19 | comments(0) | - | PAGE TOP
「ビートマニアシリーズリアルミニチュア」全機種揃いました!!
筆者による最大級の模型作品群「ビートマニアシリーズリアルミニチュア」。
(http://bcaweb.bai.ne.jp/miyooo/)
ゲームセンターでお馴染みの、コナミの音楽ゲームシリーズの業務用筐体を
縮尺1/24でミニチュア化したものです。
中断期間があったものの、1999年7月から現在まで約9年間、
実物の登場に合わせてミニチュアを製作してきました。
そして本日、ついに最後(?)の作品「jubeat」(ユビート)が完成しました!!
以下、「jubeat」を含む今回の追加作品達です。
なお「jubeat」は、まだロケテスト中で本格デビューしていないため、
上記のホームページ内での、ミニチュアの展示は現在見合わせています。
とりあえず、仮の展示ということで。
(すでに準備している解説文に、誤りや変更が有ると困るので…)

「マンボアゴーゴー」

タイトルと見た目の通り、ラテン系サウンド中心の音楽ゲーム。
3つのコンガ型パッドで操作する。

「マンボアゴーゴー(試作機?)」

上記のゲーム機のお披露目会場で現れた筐体。
「マンボアゴーゴー」自体は、筆者達は何度もプレイしていますが、
このバージョンの筐体は、未だに見たことがありません。
そのため、とりあえず「試作機」としています。

「トイズマーチ」

「ドラムマニア」を低年齢層にアレンジした筐体。
筐体周りの飾り(ポップ)を、実物とほぼ同じように再現してみました。

「DANCE86.4」(ダンスやろーよ)

「ダンスダンスレボリューション」のようなダンスゲーム。
「トイズマーチ」同様、低年齢層向け筐体。
こっちの方はポップを省略したために、ちょっと寂しい姿…

「jubeat」(ユビート)

「マンボアゴーゴー」以来、7年振りの完全新作筐体。
(「トイズマーチ」「DANCE86.4」等のキッズ向けを除く)
4×4=16個並んだボタンは透明になっていて、ボタンの下のモニターが
透けて見えるようになっている。音楽に合わせてボタンに投影される
マーカーを押しながらゲームを進めていく。
去年の12月に全国行脚のロケテストが始まって以来、
2ちゃんねるの「音ゲー板」の該当スレッドでは、期待と不安が
入り混じっていますが、筆者の今後の一押しがこれ。
もう「ポップンミュージック」をプレイする年でも無いし、
「ビートマニアIIDX」はおろか、「ギターフリークス」「ドラムマニア」ですら、
今更練習したって追いつかないしねぇ…
ロケテストが終わって、デビューする日が待ち遠しいなぁ。

今後のミニチュア製作は、「ポップンミュージック」色違い筐体くらいかな?
後は古い作品と専用ホームページの修正やら加工を
ボチボチと進めていきます。
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 20:55 | comments(0) | - | PAGE TOP
最新BEMANIシリーズ「jubeat」2回目ロケテストに行ってきました!
梅田・ラウンドワンのアミューズメントコーナーで、
最新BEMANIシリーズ「jubeat」のロケテストが行われました。

筐体デザインは、去年12月のロケテストバージョンと変わりないものの、
プレイシステムに若干変更が見られました。
今回はコナミのオンラインサービス「e-AMUSEMENT PASS」に対応しています。
コインを入れると「オンライン(全国対戦)」「マルチプレイ(店内対戦)」の
どちらかを選択します。(デフォルトは「マルチプレイ(店内対戦)」)
筆者は「オンライン」を選択しましたが、同じくロケテスト中の
「AM サントロペ池袋店」には何故か繋がらず、1人プレイになりました。
前回は確か、オンラインプレイが出来たはずなんですが…

スタートすると、このゲームの簡単なルール解説と、
実際にボタンに触れて感覚を掴むチュートリアルモードが始まります。
(右下のボタンでスキップ可能)
これは、1回目のロケテストでは見られなかったものです。
恐らく、前回のロケテストでのプレイヤーの声を反映したのかも。
チュートリアルが終了すると本編がスタート。
収録曲は前回のロケテストとあまり変わってないように見えます。
プレイする曲を選択する時、そのボタンを2度押すと難易度設定が出来ます。
「BASIC」→「ADVANCED」→「EXTREME」の順に難しくなります。
さらに曲セレクト画面では、ゲーム中の色々な設定が可能。
右下の『設定』ボタンを押すと、マーカーのデザインを変更出来ます。
ゲームが始まると、最初にマーカー(BEMANIシリーズの「譜面」に相当)が
出現する位置に「ここからスタート」と表示されます。
これも前回のロケテストには見られなかったもの。
ゲーム中の演出は、画面内のシャッターが閉じた状態から始まり、
順調にスコアを上げていくと、徐々にシャッターが開いて
グラフィックが派手になっていきます。
ミスを続けると逆にシャッターが閉じていきます。
「キーボードマニア」のような『途中閉店』は無く、
曲は最後までプレイ出来ます。
これは前回とあまり変わっていないようです。
タッチパネル(ボタン)の感触も、鍵盤タイプの他BEMANIシリーズ同様、
非常に軽い触感で、ボタンの中央を押し込まなくても
ボタンの角に触れただけで反応します。
ボタンの押し忘れ・タイミングズレはミスになりますが、
別のボタンの押し間違いは、素早く正しいボタンを押していれば
ミス判定にはならないようです。

今回のロケテストでは「e-AMUSEMENT PASS」に対応していて、
プレイし続けるとスコアに応じて経験値が貯まり、ランクが上がります。
(最初はDランクから)
ランクが上がると、通常ではプレイ出来ない曲や、プレイヤーネームに
表示される称号等、好きなアイテムを1つゲット出来ます。
これのために初めてカードを買いましたよ(w

今回2度目の「jubeat」体験となりましたが、プレイ感想を書き込む
パソコンが無かったり、スタッフらしき人も見当たらないし、
リーフレットすら置いてないし、
前回と比べて些か寂しいロケテストでした。
筆者は昼前に訪れましたが、非常に目立つ場所に筐体が有るのに
全く並んでなくて、プレイ4回目くらいに漸く自分を含めて6人程が
二台の「jubeat」に列を作っていました。
2ちゃんねるの「音ゲー板」の「jubeat」スレッドでは、
かなり辛辣なコメントが有り、前途多難な予感がします…
悪く書けば「サイバーなモグラ叩き」ですから。
でも、単純明快なルールと軽快な操作感、「e-AMUSEMENT PASS」による、
ゲームのカスタマイズ等、やり込み要素も高く、
個人的には「キーボードマニア」以来、久々にやり込みたくなる
ゲームなんですけどねぇ。
そもそもこのゲームのターゲットは、BEMANIシリーズを一通り
やり込んだようなヘビーユーザーではなく、今まで「音ゲー」に
尻込みしていたライトユーザーに焦点を当てているようにも思います。
でもやっぱり、BEMANIシリーズの曲も欲しいなぁ…
正式デビュー時にはどう変わっているのか、今後を期待しておきましょう。
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 15:04 | comments(0) | - | PAGE TOP
「BEMANI」シリーズ最新機種「jubeat」ロケテストを体験しました!!
今日はクイズゲーム「アンサー×アンサー」をプレイするため、
大阪・阿倍野のゲームセンター「パスカ」に来てみると、
ビートマニアシリーズの最新機種となる「jubeat」のロケテストが行われていました。
筐体ミニチュアのレパートリーを増やすチャンスであり、早速プレイしてみました。

立方体を組み合わせたようなスマートな筐体。デザインもサイバーチックな印象です。
また、非常にコンパクトな大きさで、キッズ向け以外の「BEMANI」シリーズの
中では最も小さい筐体かと思われます。
筐体正面を見ると、上部にマーキー(看板)、その下の両脇にスピーカー、
その下にスコア等を表示するサブモニター。
さらにその下にメインモニター&操作パネル。
操作パネルは4×4マスの16個の透明な大きなボタンになっていて、
メインモニターの画面が透けて見えるようになっています。
タッチパネルではなくボタンを採用しているのは、従来シリーズの
操作感覚を重視したためでしょうか?
ボタンの感触も非常に軽く、「キーボードマニア」のように
指先で軽く触れるようにプレイしても、しっかり反応してくれました。

気になるプレイスタイルは…
ゲームモードを選び、好きな曲を選んでプレイ開始。
曲に合わせて光るボタン(「TOUCH」と表示される)を、タイミング良く叩いて
高得点を目指します。規定値に達するとクリア。
…と、ゲームの大まかな流れはこれまでのシリーズと変りません。
ロケテスト版の収録曲は、J-POP系の有名版権曲が20曲程。
製品版では、他シリーズからの移植曲も期待したいところです。
ゲームモードはまず、全国のプレイヤーと対戦する「オンライン」。
最大4人でのリンクプレイが出来るようです。スコアが規定値を下回ると
ゲームオーバー。
もう1つが、同じ店内の別筐体とリンクする「マルチ」。
こちらは実質的に協力プレイで、ゲームオーバーはありません。
両モード共、最大3曲プレイ。

実際プレイしてみた感想ですが、「ビートマニアII DX」「ポップンミュージック」
「ギタドラ」等は、筆者は最早追いつけない最低レベルですが、
直感的な操作が出来るこのゲームなら、なんとか上達できそうです。
でも、収録曲はあまり好きではない曲ばかりだったので、
上にも書きましたが、個人的にはBEMANI曲も奏でてみたいです。

今日でロケテストが終わってしまいますが、今から製品版が楽しみです。
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 18:14 | comments(0) | - | PAGE TOP
「マルチセッションGDK」を実物通りに作り直してみました。
「マルチセッションGDK」をご存知ですか?
「ドラムマニア」と「ギターフリークス」「キーボードマニア」を
ケーブルで接続することによって、リンクプレイが楽しめるもの。

筆者製作の筐体ミニチュアでも再現してみましたが、初期の頃の作品のため、
実際とは違う組み合わせになっていました。

先日、音ゲーサイト「592(ゴクツウ)」さん(http://www.goku2.com/)で、
筐体ミニチュアの紹介記事が載っていたというので、見に行ってみました。
記事の中に「マルチセッションGDKには感動した!!」とあり、
実際と違う組み合わせにも関わらず褒めて頂き、なんだか申し訳が無いと思い、
今回思い切って、マーキー(看板)を実物通りに作り直しました。


でも、このマーキーを作り変えるのに結構お金掛かってたりするんですよ。
カラーコピー一枚50円で、失敗を考慮して比率を変えて数枚取ってるから、
結局400円掛かってます…(^^;
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 23:07 | comments(0) | - | PAGE TOP
「ビートマニア」10周年記念ベストアルバムが届きました!!
1997年に「ビートマニア」が登場して今年で10年。
それを記念して、これまでのシリーズの名曲を収録したサウンドトラック、
「BEMANI BEST for the 10th anniversary」が、本日発売されました。
筆者も一ヶ月前に兄から知らされ、その場で予約。
そして今日、自宅に届きました。

中身はディスク1から4までが1つのケースに収められています。
ディスク1「ビートマニア&ビートマニアII DX」
ディスク2「ダンスダンスレボリューション」
ディスク3「ポップンミュージック」
ディスク4「ギターフリークス&ドラムマニア」

ディスク5は「BEMANI アナザーシリーズ」として、「キーボードマニア」
「ダンスマニアックス」「パラパラパラダイス」の他、
これまでサウンドトラック化&他シリーズへの曲の移植が
ほとんど無かった「マンボアゴーゴー」「ee'MALL」「トイズマーチ」
「DANCE86.4」が収録されています。

中でも特筆なのが、ディスク2に「BUTTERFLY」が収録されていること。
家庭用「DDR」のテレビCMでも流された名曲が、版権曲であるにも関わらず
しっかり収録されています。

全188曲というボリュームで、3000円はかなりお得な買い物でしょう。
唯一残念なのが、幻のBEMANI「ラップフリークス」の曲が入って無い事。
この企画が出た時には、ちょっと期待していたんですけどね。
筐体だけではなく、曲までお蔵入りか…orz
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 21:52 | comments(0) | - | PAGE TOP
今日はBEMANI記念日
今日、11月20日はビートマニアファンにとって重要な日です。
(と言っても、もう残り一時間も無いですがw)
記念すべきシリーズ第1作「BEATMANIA」に収録されている、
「20,NOVEMBER」(11月20日)にちなんだ日です。
筆者は曲名の由来はあまり知らないんですが、
「BEATMANIA」のロケテストが始まった日とも、
作曲者の「DJ NAGUREO」氏の誕生日であるとも言われています。
筆者もこの曲は大好きですが、難易度は中級程度とされるものの、
結構手こずっていて、家庭用で練習してから業務用で
まともに綺麗にクリア出来たのは2001年になってからですよ。
このゲームがデビューしたのは1997年だから
足掛け4年も掛かったことになるのかぁ…

せっかくの記念日ですが、BEMANIで遊ぶ間も無く、
今日も仕事から帰ってきて「20,NOVEMBER」を聞きながら、
BEMANIのミニチュア製作に没頭しています。
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 23:05 | comments(0) | - | PAGE TOP
「ビートマニアシリーズリアルミニチュア」展示場(暫定版)が出来ました!!
お待たせしました!!
「ビートマニアシリーズリアルミニチュア」展示場が出来ました。
http://bcaweb.bai.ne.jp/miyooo/
(当ブログと相互リンクされています。)

これまでにテストを兼ねて、某画像掲示板に作品を晒していましたが、
その際に撮影のコツなど、皆さんに色々伝授していただき、
仕事が残業続きの中、模型の手直しに画像の撮り直し、
さらに展示ページの作成…
やっとココまで漕ぎつけました。
とりあえず本格的なホームページが出来るまで、
このまま設置しておきます。(年明けまで?)

感想を聞きたくて、掲示板を設置しようとしたけど上手くいかないなぁ。
まぁ、専門書見ながらゆっくり充実させたいと思います。
HP作成ソフトを使わず作成したので、雑な部分もあるかもですが
よろしくお願いします。
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 22:11 | comments(0) | - | PAGE TOP
久々に「キーボードマニア3rdMIX」を発見!!
今日は久しぶりの連休なので、家族全員でドライブに出掛けました。

途中立ち寄った、堺市某所のアミューズメント施設では、
なんと「キーボードマニア3rdMIX」を発見!!

数多くの「ビーマニシリーズ」の中では、筆者が一番好きなゲームです。
約1年半振りの再会…
鍵盤の反応・音量の大きさも申し分無し!!
久々のプレイで、流石の筆者も最初は指が付いて行きませんでしたが、
徐々に全盛期の頃の感覚を取り戻せました。

ちなみにエキスポランドでは去年まで、初代「キーボードマニア」が
置いてあった貴重な場所でしたが、こちらは残念ながらすでに撤去…
最早、大阪府内で「キーボードマニア」シリーズが置いてある施設は
指で数えても余るほどしか無いようです。
(筆者の家からそう遠くない場所に「キーマニ2ndMIX」が置いてある
店があるようなので、後日確認に行ってきます。)

この店の「キーマニ」も末永く活躍して貰いたいなぁ…
| みょーーーー | ビートマニアシリーズ | 19:02 | comments(0) | - | PAGE TOP

CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS