みょーーーーのBlogもどき

「トモダチコレクション」ついに購入!!さらに有名人Miiを追加しました!!

先日、紹介した「トモダチコレクション」。
非常に人気が高いようで、どこの店も売り切れ続出…
しかし、うちの兄貴が日曜日に某店に問い合わせて、
運良く1本確保して貰いました。

このゲームはWiiとDS、DS同士の通信が売りですが、
買ってきて、いきなり通信プレイは、出来ないようになっています。
最初にある程度、自分を含めたMiiを3人以上登録しないと通信できません。
ちょっと面倒ですが…通信プレイのために、他のMiiも作りました。

左の女性は説明書のイラストで、お風呂セットを頭に載せている
キャラクター。
右の男性も、説明書に載っているイラストを元に作りました。
名前は適当(w
とにかく、チョコマカ動くMii達のアクションが面白いです。
プレイヤーが相手してあげるのは勿論、部屋が見られる状態にして
放っておくと、くしゃみしたり、ストレッチしたり、他のMiiと会話してたり、
突然、オナラをすることも…
(しかも、男女関係無く、みんな平気でオナラをしますw)


で、アレコレしている内に、やっと通信プレイが可能になりました。

家族のMiiの登録は、ちょっと後回しにして、
先日、兄に依頼されたテレビCMに登場する6人のMiiを登録。

「ザ・たっち」の2人は微妙だけど、他は結構似てるかもw

日曜日で時間もあったので、次々と有名人Miiを追加しました。

左上から、松岡修造・明石家さんま。以前、任天堂のキャンペーンで
自分のWii本体に入れてもらったんですが、このゲームへはコピーではなく、
移動することになってしまいます。DS側にトラブルが発生すると
Wiiに帰って来れなくなる可能性もあるので、急遽作りました。
右上は「バナナマン」設楽。せっかくなんで相方も追加しておきました。
左下・左中は「南海キャンディーズ」山ちゃん&しずちゃん。
特にファンでも無いんですけどね…
右下は、山田花子。


左上・上中は、横山やすし&西川きよし。右上は、美川憲一。
左下は、研ナオコ。下中は、タモリ。右下は、ブルース・リー。
適当に、似顔絵にし易そうな人を選んだだけです(^^;ゞ

さらに、こんな人物も追加。

筆者も大好きな、大人気漫画『銀魂』のキャラクター風Mii。
微妙かなぁ…姪にもあまり似てないって言われたし。

使えるパーツが少ないからか、漫画やアニメのキャラクターを
Mii化するのは、実在人物をモデルにするよりも難しいです…
| みょーーーー | ゲーム | 18:42 |
| comments(0) | - |
「トモダチコレクション」のCMに登場するMiiを作ってみました。

6月18日に発売された、ニンテンドーDS用ソフト「トモダチコレクション」。
自分・友達が作成したMiiを、ゲームの中のマンションに住まわせ、
一緒に遊んだり、世話をしたり、時には悩みを聞いてあげたり…

有名タレントがMiiになって出演しているCMが面白くて、
筆者も来月のボーナスで、これを買おうかと思っていた所、
先に兄が購入していました。
しかし、ゲームの中にはMiiは入ってなく、自分で一から作るか、
Wiiの「似顔絵チャンネル」から送らなければダメです。
当然、CM出演している有名タレントのMiiも入っていません。
兄や姪は、そのうち任天堂から配信されるかも…と予想しているものの、
色んな事情で期待薄なので、筆者が作る事にしました。

兄がゲームショップで貰ってきたパンフレットを参考に、
先日、Wiiの「似顔絵チャンネル」で作成したものです。
下の画像が、CM出演している有名タレントのMii、6人。
(PCのキャプチャ機能が調子悪くて、
TVモードの直撮りで見え辛くなってます。)

・ゆうか
・アッコ
・にしかわ
・ひむら(バナナマン)
・たくや(ザ・たっち)
・かずや(ザ・たっち)

早速、兄のWiiに送信して「トモダチコレクション」に入れてもらいました。
家族からの感想は、「うわ〜!メッチャ似てる〜!」
と、概ね好評のようでした。
個人的には「ザ・たっち」の2人は、納得行かない出来栄えなんですが…

Wiiの「似顔絵チャンネル」、触るの久々だったけど、
良いヒマ潰しになりますねぇ。
今回、1人作るのに10分も掛かりませんでした。
兄や姪からの要望があったら、また有名人のMiiを追加するつもりです。

オレも早くこのゲーム買って、アッコのヘッドバンギングが見たいwwwww
| みょーーーー | ゲーム | 20:59 |
| comments(0) | - |
歩車分離式信号の新たな危険性
歩車分離式信号…
最近、大阪市内でも目に付くようになりました。

これまでの信号のように、車と歩行者を同じタイミングで
通過させるのではなく、交差点に入ってくる全ての車の流れを
赤信号で止めて、歩行者専用信号を全て青にして、
歩行者を安全に通行させるというもの。
特に、左折車による歩行者の巻き込み事故を防ぐ手段として
注目されているようです。

しかし、このシステムは別の危険性を孕んでいます。
それは、自転車。
自転車を使う者にとっては、車側の信号でも歩行者側の信号でも、
青になれば、お構いなく進みたい方向へ進むでしょう。
お互い青信号だから、それに従ってそのまま進むと…

自転車同士、自転車と歩行者との接触事故が
発生しないとは限りません。
現に、この方式の交差点で、猛スピードで走ってきた自転車に
ヒヤリとさせられた事が何度もあります。
お互いの信号が青だから、責める事も出来ないし。

筆者は交通事故の恐ろしさを、このブログで度々訴えていますが、
この信号方式は、ちょっと賛成しかねます。
もう、自転車側のモラル向上を訴えるしか無いかも…
| みょーーーー | 戯言 | 20:27 |
| comments(0) | - |
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2009 >>
リンク
  
最近投稿した記事
コメント
カテゴリー
バックナンバー
メンバー
その他
ページトップへ